インプラント反対派から賛成派に

その5.インプラントをお勧めする本当の理由

インプラントを数多く行うようになって気付いたのは、“ご自身の残っている歯を長持ちさせる効果が本当に高い”ということです。
残っている歯に負担がかからないだけでなく、残っている歯の負担もインプラントが分散してくれるので、従来の治療法に比べると圧倒的にご自身の歯も長持ちするようになります。
インプラントをすることで残っている歯の揺れが治まったり、すっきりしなかった歯ぐきの炎症が治まったりということをたくさん経験しました。

当初は、
「インプラントにするとしっかり咬めますよ」
「入れ歯と違って違和感がないですよ」
「取り外さなくていいから楽ですよ」という面でインプラントをお勧めしていたのですが、

今ではむしろ、
「残っている歯のために、インプラントがいいですよ」
「長い目で見たらインプラントがいいですよ」
とお勧めするようになってきました。

患者様もインプラントを長年使うにつれて、インプラント治療の良さを再認識されるようです。
インプラントをしたことで、
・今までは知らず知らずのうちに、かばいながら噛んでいた
・他の歯の負担が減って長持ちしている
・歯が駄目になったらどうしようという日々の不安から解消された
ということを時間の経過とともに実感されていくようです。

インプラントは“歯を次々に失っていく”サイクルをストップできるだけでなく、“歯を失う前の状態にリセットできる”唯一の治療法です。

私たちは、これまでに説明させていただいたように、
・失った歯を、ほぼ元通りに回復することが出来る
・ご自身の歯や顎の骨を守ることが出来る
・失ったライフスタイルを取り戻すことが出来る
という3点からインプラントをお勧めしています。

ただし、インプラントが最も優れた方法なのは間違いないのですが、持病によってできない場合や、あまりにも骨が少なく今の技術では対応できないこともあります。費用面や治療期間を考えると、ブリッジにはブリッジの良さが、入れ歯には入れ歯の良さがあります。

 

部分入れ歯による治療例
部分入れ歯

部分入れ歯による治療前

部分入れ歯2

審美的な部分入れ歯による治療後

当院ではインプラント以外の治療の選択肢も用意していますので、様々な治療法の中から、あなたが一番納得できる治療法を受けていただけます。

どの治療を受けるにしろ、正しい知識をもとに十分に納得して選択していただくことが何よりも大切だと思っています。

そうは言っても、このHPを読んだだけでは決断できないと感じる方も多いでしょう。

そんな時には、お気軽に当院で相談してください。
ご予約いただければ十分な時間をとらせていただき、あなたのご要望をふまえたうえで、ベストな治療を考えて提案させていただきます。

 

前ページ / 次ページ

 

インプラント反対派だった私が、インプラントをお勧めするようになった本当の理由
その1.インプラントとの出会い/インプラント反対派となった理由
その2.ブリッジや部分入れ歯による治療の現実
その3.インプラントを行うまでに/実際に行ってみて分かったこと
その4.多くの方にインプラントが出来るように
その5.インプラントをお勧めする本当の理由
その6.インプラントを希望する方にお願いしたいこと

PAGE TOP